東京から香川への行き方まとめ

東京から香川に行きたいけど、どうやって行けるのかな?

この記事では、東京から香川までのアクセス方法について紹介します。

東京と香川は約700km離れていますが、直通の交通手段がいくつもあるので、簡単に行くことができます。

東京から香川に移動する手段は以下の7つがあります。

  1. 飛行機
  2. 高速バス(夜行バス)
  3. 新幹線
  4. 寝台列車
  5. 電車(在来線)
  6. フェリー

各交通手段ごとに分けて説明しているので、東京から香川まで行こうと思っている人は参考にしてみてください。

この記事は、香川県生まれで、現在も香川県に住んでいる著者が書いています。

東京から香川まで飛行機を利用した行き方

東京から香川には飛行機で簡単に行くことができます。

飛行時間も1時間15分なので、あっという間です。

LCCであるジェットスター。

日本のフラッグキャリアであるJALとANAがそれぞれ東京から香川への直交便を運行しています。

  • Jetstar:成田空港→高松空港(5,000円〜)
  • JAL/ANA:羽田空港→高松空港(19,000円〜)

東京から香川にはLCCのJetstarを利用

出発地成田空港
到着地高松空港
料金5,000円〜
航空会社Jetstar
所要時間1時間30分

東京から香川に飛行機で安く移動したいのなら、LCCのJetstarが1番です。

料金は6,000円台からあるので、安く移動することができます。

ただし、預け荷物は追加料金がかかるので気をつけてください。

Jetstarは安く移動できるのはいいのですが、出発する空港が成田空港になります。

成田空港は東京の都心から離れているので、飛行機に乗るまでが不便です。

空港までの移動の手間をかけたくない人は下で説明するJALまたはANAを利用しましょう。

羽田空港から飛行機に乗りたい場合はJALとANAを利用

出発地羽田空港
到着地高松空港
料金19,000円〜
航空会社ANA・JAL
所要時間1時間15分

東京から香川に飛行機で移動したいけど、安くするために成田空港まで移動したくないという人には羽田空港発のJALまたはANAの飛行機に乗るのがオススメです。

預け荷物が最初から航空券に含まれているので、余計なお金もかかりません。

東京から香川への高速バス(夜行バス)を利用した行き方

東京から香川までの高速バスはいくつもありますが、基本的に夜行バスになります。

東京から香川までの所要時間

バス会社や東京の出発地にもよりますが、一番乗車時間が短いもので10時間16分。

最長で11時間42分です。

東京を20時や21時ごろに出発して、香川県には翌日の朝に到着します。

バス料金

一番安いもので6240円、一番高いもので9,400円になります。

3列シートと4列シートの2種類なります。

おすすめは3列シートです。

4列シートだと、移動費は安くすることができますが、シートのリクライニングもあまり倒れないものが多いです。

とにかく安く移動したい人は4列シートのバスを探してみてください。

⇒東京から香川への夜行バスを楽天トラベルで探す

東京から香川に電車(新幹線)で行く

四国に新幹線は走っていません。

このため、途中で乗り換えが必要になります。

新幹線を利用して東京から香川に行く場合、まず東京から岡山まで

  • 新幹線のぞみ(東京−博多)
  • 新幹線ひかり(東京−博多)

のどちらかで移動します。

岡山に到着後に電車を乗り換え、岡山から香川までは「マリンライナー」という電車に乗ります。

所要時間

東京駅から岡山駅の所要時間:200分
岡山駅から高松駅の所要時間:53分

新幹線の料金

東京から香川:11,310円
東京駅から岡山駅の新幹線料金:10,480円
岡山駅から高松駅の電車料金:1,510円

東京から香川に寝台列車「サンライズ瀬戸」で行く

サンライズ瀬戸

東京から香川へは「サンライズ瀬戸」という寝台列車が走っています。

寝台列車だと、普通の電車と違って横になって寝ることもでき、快適に移動することができます。

新幹線などと違って寝台列車だと、移動時間も楽しめます。

寝台列車自体、日本で珍しいので、乗るだけでも思い出になるでしょう。

東京から香川への電車(在来線)を利用した行き方

時間はかかりますが、電車が好きな人は在来線を使って移動することができます。

東京駅から高松駅まで新幹線を使わず、在来線だけで行く場合、乗り換えは7回または8回。
所要時間は約13時間です。

SuicaなどのICカードを使った場合は、移動にかかる金額は11,540円となります。

通常時だと、時間がかかる割に金額は安くないので、あまりこの移動手段を利用するメリットはありません。

ただ、青春18切符を使えば、安い料金で移動することができます。

東京から香川に車での行き方

ドラぷらを利用して、東京から香川県まで車で移動するときを調べてみます。

東京は東京IC、香川は「高松中央IC」とします。

香川県で移動するには車があった方がいいのは確かですが、時間とお金を考えると香川でレンタカーを借りた方が楽かもしれません。

ただし、たくさんの人数で1台の車で移動するのなら、割り勘することができるので、1人あたりかかるお金はそれほど高くありません。

東京から香川まで車で移動する時の所用時間・距離

高速道路を使って一番安く行く場合、算出された所要時間は7時間30分です。

休憩を考えると10時間ぐらいを想定した方がいいでしょう。

また、渋滞する可能性もあるので、正確な時間は予測することができません。

東京から香川までの高速代

1番安く行けるルートで高速道路を利用すると、通常料金で18,700円となります。
これにETCをつけている人は時間によって割引が適用されるので、少し安くなります。

あくまで高速代なので、これにプラスしてガソリン代がかかります。

東京から香川までフェリーでの行き方

東京から香川にフェリーでも行くことができます。
ただし、直行便はありません。

東京から香川県にフェリーを使って行く場合は、「オーシャン東九フェリー」を利用します。

この「オーシャン東九フェリー」は、東京と香川県の隣にある徳島県を結んでいるフェリーです。

そのため、徳島に着いた後に香川まで移動する必要があります。

安く行くことはできますが、移動時間が最低でも17時間50分もかかります。

時間はあるけど、お金は節約したい人、連休などに渋滞に巻き込まれたくない人にはオススメです。

料金は乗船する時期によって違います。

2等洋室の料金だと、12,510円(2020年10月〜12月)となっています。

フェリーの乗船者だと誰でも24時間利用可能なオーシャンビューのお風呂があるので便利です。

横になって寝ることができるのもフェリーを使う大きなメリットでしょう。

追加料金で個室もあります。

公式 オーシャン東九フェリー公式ホームページ

東京から香川への行き方まとめ

東京から香川までの交通手段について紹介しました。

移動時間のことを考えると、飛行機や新幹線の移動が楽です。

時間と予算を考えて、自分にふさわしいものを選んでみてください。

関連記事