坂出駅前のイルミネーション「2021 さかいで光輝里フェスティバル」に行ってきた【インスタ映えスポットあり】

坂出駅で毎年実施されているイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」に行ってきました。

LEDが約7万個使われたイルミネーションは綺麗で、坂出駅前をきらびやかにしています。

2002年から始まり、2021年の開催で19回目。
坂出市民にとって、毎年イルミネーションがあるのが普通になっています。

そこで、記事内では、

  • 点灯期間・点灯時間
  • 場所
  • アクセス
  • 見どころ

を中心に、どういうイルミネーションなのかを紹介します。

実施期間も1月3日までと短いので、興味ある人は早めに行きましょう。

坂出駅前のイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」の点灯期間・点灯時間

まずはじめに、イルミネーションの点灯期間と点灯時間を紹介します。

点灯期間

坂出駅前のイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」の点灯期間は、2021年12月1日(水)から2022年1月3日(月)までです。

点灯期間が、約1ヶ月間というのは、県内のイルミネーションの中では短いです。

毎年イルミネーション初日には「点灯式」、クリスマス付近には「クリスマスイベント」も開催されていましたが、昨年同様2021年もコロナ感染防止対策として実施されません。

点灯時間

さかいで光輝里フェスティバルのイルミネーション点灯時間は、上記の期間中の毎日17:00から22:00までの5時間です。

12月31日のみ特別に翌朝の2022年1月1日の朝6時まで点灯されます。

「さかいで光輝里フェスティバル」の実施場所は坂出駅北口周辺

「さかいで光輝里フェスティバル」は、JR坂出駅前で実施されています。

具体的には、坂出駅の北側にある 「市民広場」と「ハナミズキ広場」です。

電車でのアクセス

イルミネーションを見るためにはJR坂出駅で降りればOK。
電車を降りたら、北口から出ましょう。

近くにある大きな駅からだと、丸亀駅から10分(220円)、高松駅から15分(460円)です。

車でのアクセス

車で行く場合は、駅周辺にコインパーキングもありますが、おすすめは、坂出駅の地下にある

  • 坂出駅北口地下駐車場(126台駐車可)
  • 南口駐車場(17台駐車可)

の2つです。

どちらの駐車場も、駐車して始めの30分間は無料。
無料の30分を過ぎると、以降30分ごとに100円かかります。

イルミネーションを見て、ゆっくり撮影するにしても30分間あれば十分です。

高速道路を利用する場合、「坂出IC」で降りれば、10分ほど走れば着きます。

坂出駅前のイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」の見どころ

イルミネーションの見どころを4つに分けて紹介します。

バスロータリーのツリー

坂出駅の東側にあるバスのロータリーには、大きなイルミネーションのツリーがあります。

こちらは瀬戸大橋をモチーフにしたものとなっています。

中央部の展示物(ハナミズキ広場)

北口前には、背の低い展示物が広がっています。

これは、企業や市民団体がそれぞれ出展しているので、どれも違っています。

イルミネーションと一緒に写真撮りやすい場所です。

イオン前のヒマラヤスギツリー(市民広場)

市民広場にあるヒマラヤスギ全体にイルミネーションを飾り付けています。

高さも16mあるので、迫力もあります。

南側から撮影すると、すぐ後ろにあるイオンの文字がバックに入りますね。

地面には、レーザーライトで雪の結晶などの模様が映し出されています。

インスタ映え撮影スポット(市民広場の端)

市民の広場の1番西側には、インスタ映え間違いないイルミネーションスポットが設置されてます。

中央に立って撮影すると、羽が生えたような写真を撮ることができます。

誰かと一緒にいる場合は簡単に撮ることができますが、1人で手を伸ばしたぐらいだと撮影は難しいです。

その場合は、三脚を使うか、近くにいる人に撮ってもらいましょう。

坂出駅前のイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」まとめ

坂出駅前で実施されているイルミネーション「さかいで光輝里フェスティバル」を紹介しました。

同じJR沿線沿いにあるJR丸亀駅でもイルミネーションがありますが、坂出駅の方が規模が大きく楽しむことができます。

駐車場も30分以内は無料なので、ぜひ訪れてみてください。

関連記事