香川県の最低賃金が820円から848円に変更【2021年10/1から施行】

2021年(令和3年)10月1日から香川県の最低賃金は848円になります。

まちなかのスーパーなどで女優ののんさんのポスターを目にした人も多いと思います。

記事内では

  • 今回の最低賃金のアップについての情報
  • 今までどのように最低賃金額が推移してきたか

を紹介していきます。

香川県で働く人はぜひチェックしてください。

この記事は、香川県生まれで、現在も香川県に住んでいる著者が書いています。

香川県の最低賃金が28円アップして848円に

最低賃金には

  • 地域別最低賃金
  • 特定(産業別)最低賃金

という2つの種類があります。

地域別最低限は、各都道府県で決まっている最低賃金のこと。
特定(産業別)最低賃金は、特定の産業で働いている人に適用されている最低賃金のことです。

今回最低賃金のアップされるのは「地域別最低賃金」と呼ばれるものです。
「特定(産業別)最低賃金」の方に変更ありません。

働いているほとんどの人に関係あるのが今回848円になった 「地域別最低賃金」の方です。

地域別最低賃金が848円にアップ

香川県の地域別最低賃金は今までの820円から28円アップし、848円になります。

この28円の賃金上昇は、香川だけでなく全国一律です。

「28円」を多く感じるか少なく感じるかは人それぞれですが、4時間働いたら100円の違いが出ます。
パンやアイスが1個買える金額です。

アルバイトが多い学生には嬉しい賃金アップだね!

ちなみに、2021年現在、香川県の最低賃金は四国の中では1番高く、全国では上から30番目です。

最低賃金が高いTOP3は

  • 東京都:1,041円
  • 神奈川県:1,040円
  • 大阪府:992円

となっています。

逆に最低賃金が1番低いのは「高知県」と「沖縄県」が同じ820円です。

特定(産業別)最低賃金は変化なし

特定(産業別)最低賃金について簡単に紹介します。

香川県では4つの金額に分かれています。

産業最低賃金額
香川県冷凍調理食品製造業821円
香川県はん用機械器具、生産用機械器具、業務用機械器具製造業943円
香川県船舶製造・修理業、舶用機関製造業956円
香川県電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械 器具製造業886円
産業別の最低賃金

特定(産業別)最低賃金が地域別最低賃金より低かった場合は、 地域別最低賃金の方が適用されることになっています。

したがって、今回の変更で「 香川県冷凍調理食品製造業」の方は821円ではなく、848円の方が適用されます。

香川県の最低賃金額の推移

香川県の最低賃金がどのように推移しているかを紹介します。

平成20年から令和3年までの最低賃金は以下の通りです。

年度最低賃金額
平成20年 651円
平成21年652円
平成22年664円
平成23年667円
平成24年674円
平成25年686円
平成26年702円
平成27年719円
平成28年742円
平成29年766円
平成30年792円
令和1年818円
令和2年820円
令和3年848円

こうみると、ずっと最低賃金は上昇し続けているのが分かりますね。

1円や2円しか上がってない年もあるので、今回の28円アップというのは異例の上がり方と言えます。

平成25年までは600円台、平成30年までは700円台という事実は、今の若い人たちは想像できないでしょうね。

香川県の最低賃金まとめ

香川県の最低賃金が28円上がり、848円になったことを紹介しました。

働いている側からすれば賃金が上がることは嬉しいですね。
逆に雇う側からすれば、人件費が上がるのできつくなりそうですが。

今後、最低賃金の金額の変化があれば随時追記していきます。

参考最低賃金関係|香川労働局

関連記事