MENU
SNSでも情報発信中

Follow

香川県最古!高松市のヨコクラうどんは120年の歴史のあるうどん屋【5代目店長が作る創作メニューがおすすめ】

当サイトのリンクには広告が含まれています。

この記事では高松市にあるヨコクラうどんについて紹介します。

ヨコクラうどんは、幕末に創業した歴史あるうどん屋。

現在は5代目となる店長が運営しており、ツイッターやインスタを積極的に活用しています。
香川県の人であればSNS上で見かけることもあるでしょう。

独創的なメニューもたくさんありますし、夏でもしっぽくうどんを食べれる珍しい店です。

記事内では、そんな老舗のうどん屋であるヨコクラうどんについて詳しく紹介していきます。

基本情報はこちら

営業時間8:00~14:00
定休日第2・第4木曜日
※不定休あり
席数48席
住所〒761-8026
香川県高松市鬼無町136-1
電話番号0878-81-4471
駐車場あり
支払い方法現金、PayPay、楽天Pay、d払い
公式サイトなし
目次

ヨコクラうどんのメニュー

まずは、ヨコクラうどんのメニューを「うどんメニュー」と「サイドメニュー」に分けて紹介していきます。

うどんメニュー

ヨコクラうどんのうどんは、基本的なメニューから創作メニューまであります。

肉みそまぜうどんは、2023年4月に誕生した新メニュー。
現在でも新メニューを出すのがすごいですよね。

メニュー小(1玉)
かけうどん280円
ぶっかけうどん300円
ざるうどん350円
しょうゆうどん400円
なめこおろしぶっかけ480円
冷やししっぽく
※夏季限定
600円
しっぽく
※冬季限定
600円
やまかけしょうゆ530円
鶏チャー葱炙油うどん
※冬季限定
530円
温玉めんたい550円
炙りチーズカレー
※冬季限定
590円
肉うどん680円
肉みそまぜうどん680円

お持ち帰りにも対応しています。

うどん玉100円
出汁(1人前)100円
そば玉
※冬季限定
120円

冬季は蕎麦も扱っています。
小300円、大400円、特大500円です。

サイドメニュー

ヨコクラうどんは天ぷらの種類も多いです。

ただ、時間が経つごとに、種類は減っていくので、早い時間に行った方が選択肢は多いということを覚えておきましょう。

メニュー価格
おあげ80円
ちくわ110円
コロッケ120円
アジフライ
メンチカツ
半熟卵天
昆布
レンコン天
高野豆腐天
野菜のかきあげ140円
あなご天150円
鶏天
げそ天200円

ヨコクラうどんの駐車場情報

ヨコクラうどんの駐車場は店舗の北側に、建物と隣接してあります。
駐車台数はおよそ15台。

白線もしっかりあります。

駐車場は信号のない交差点に位置しており、道路から入りやすいです。

ヨコクラうどんへのアクセス

ヨコクラうどんは高松市の西側にあります。

ヨコクラうどんは鬼無と呼ばれるエリアに位置しており、「UDON 山もり」や「讃岐うどん 一福 国分寺本店」が近いです。

うどん屋以外だと、どら焼きが美味しい「森上屋」が少し離れたところにあります。

駐車場があるので、車やバイクでのアクセスが便利です。

ヨコクラうどんの場所

車・バイクでのアクセス

ヨコクラうどんは、交差点の南西部分にあり、どの方角からでも行くことができます。

大通りがある南側から向かう場合、東側または西側から高松東道路(国道11号線)を走り、歩道橋がある交差点で北に曲がりましょう。

東側から向かう場合

東側(高松市の中心側)から行く場合は、4車線あるうちの右端にある右折レーンに入っておかないと曲がれないので気をつけてください。

曲がった後は、そのまま道を1kmほど直進すると、左手にヨコクラうどんがあります。

この直進の道は基本的に片側一車線のですが、

  • ヨコクラうどん近くにある川の南側
  • 高松東道路(国道11号線)との交差点付近

は車1台しか通れない道幅になっているので、慎重に走行してください(交通量は少ないです)。

ヨコクラうどんから高松東道路(国道11号線)に向かう場合、交差点で赤信号の時は停止線ギリギリで止まると対向車のスペースがほぼないので、少し手前で待機しましょう。

高速道路を使って行く場合は、最寄りのICである「高松檀紙IC」と「高松西IC」がどちらもハーフICとなるため、

  • 東側(徳島方面)からの場合は高松檀紙IC
  • 西側(愛媛方面)からの場合は高松西IC

で降りてください。

電車でのアクセス

JR鬼無駅

ヨコクラうどんの最寄り駅はJR予讃線の鬼無駅。
1.2km離れており、歩いて15分ぐらいなので、電車を使って行くこともできます。

ことでんの駅は近くにありません。

ヨコクラうどんの注文方法

ヨコクラうどんは、2つの建物で構成されています。

1つは注文など行うメインの建物。
もう1つは飲食スペースのみの建物となっています。

駐車場に面している北側の入口から入ると、飲食スペースのみの建物なので、直進して横の店舗に入りましょう。

メインの建物に注文レーンがあります。

以下の流れにそってうどんを食べましょう。

STEP

おぼんを取る

まずはレーンの最初に置かれてあるおぼんを手に取ります。

STEP

注文する

少し横にずれて、定員に注文します。

メニューは上部にあります。

おぼんを取る前の壁に写真付きでメニューが貼られているので、そちらを見てから並んでもいいですね。

STEP

サイドメニューを取る

天ぷらを食べたい人は、お皿に自分の食べたい天ぷらを取りましょう。

STEP

会計する

そのまま横にずれると、レジがあるので、定員に言われた金額を支払います。

現金のほかに

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • d払い

に対応しています。

キャッシュレス決済をする時は、レジ近くに置いてある各QRコードを読み込んで、金額を入力して支払ってください。

STEP

トッピング・麺を温める

レジ横のトッピングコーナーには、

  • ねぎ
  • ごま
  • しょうが
  • わさび
  • 天かす

などの薬味が置かれているので、自由にかけましょう。

かけうどんなど麺を温める場合は、レジの近くにある場所で、自分で麺をデポに入れて温めます。

お湯に入れる時間が長過ぎると麺が伸びてしまうので数秒程度で終わらせましょう。

かけ出汁はすぐ近くにあるので、かけうどんや肉うどん、しっぽくうどんを頼んだ人は自分で適量入れてください。

STEP

水やお茶をくむ・食べる

ヨコクラうどんは、基本的にテーブル席です。

道路側(東側)は座敷席となっています。
4人テーブルが2個あるので、8席分です。

お水やお茶は、返却口近くにあるので、必要な人は自分で注ぎましょう。

飲食スペースのみの建物の方で食べてもOKです。

お手洗いはこちらの建物にあります。

STEP

食器を返却する

店の奥にある返却口に食器を持っていきましょう。

割り箸やティッシュなどは、下のゴミ箱に入れてください。

ヨコクラうどんのおすすめうどん

ヨコクラうどんのおすすめうどんは

  • 炙りチーズカレー
  • 鶏チャー葱炙油うどん
  • しょうゆうどん
  • 冷やししっぽく

です。

炙りチーズカレー

炙りチーズカレーは、カレーうどんの上にチーズをのせ、それをバーナーで軽く炙ったうどんです。

カレーは出汁を使っているので、辛くないので辛いのが苦手な人でも食べれます。

出汁のうまさも凝縮されています。

気づいたらカレースープを飲み干しています。

トロトロに溶けたチーズとカレースープの相性は抜群。

チーズは時間が経つと固くなってきますが、カレースープの中にダイブさせると、再度トロトロになります。

鶏チャー葱炙油うどん

とりチャー葱炙油ねぎあぶりゃーうどんは、炙られた柔らかい鶏チャーシューがのったうどんです。

ネギ油もかかっており、風味豊かです。

出汁醤油をかけて食べます。
かけすぎると辛くなるので、様子をみながら少しずつかけましょう。

さらにあらびき胡椒をかけると、キリッと味が引き締まるのでおすすめです。

しょうゆうどん

ヨコクラうどんの醤油うどんは、

  • わかめ
  • 大根おろし

がのったうどん。

シンプルながら人気メニューの1つです。

うどんには徳島県産のゆず果汁がかかっており、特製のだし醤油をかけて食べます。

ゆずの風味が爽やかで、大根おろしもあるので、さっぱりな味わい。
特に夏にぴったりのメニューです。

ヨコクラうどんの特製醤油は先代が作り出し、30年以上も受け継がれているものだそうです。

冷やししっぽく

香川県の郷土料理の1つであるしっぽくうどん。

冬に食べられる料理なので、寒い時期になると、香川県にあるいくつかのうどん屋では「しっぽくうどん」が販売されます。

ヨコクラうどんが珍しいのは、夏の暑い時期に「冷やししっぽく」として冷たいしっぽくうどんを食べることができることです。

うどんの上に大きめに具がゴロゴロ。
冷やししっぽくに入っている具材は以下のものです。

  • かぼちゃ
  • にんじん
  • ごぼう
  • しいたけ
  • こんにゃく
  • だいこん
  • 鶏肉

甘めの味がしっかりついており、具材だけでも美味しく食べれます。

冷やししっぽくは、夏に大人気のメニューです。

2022年は6月2日から販売開始され、10月初旬頃まで食べることができました。

香川県最古のうどん屋のヨコクラうどんはSNSを駆使して人気に

ヨコクラうどんは、香川県最古のうどん屋です。

毎朝仕込まれる美味しいうどんを食べに毎日たくさんの人が訪れています。

時代に合わせて変化し、インスタなどのSNSを駆使して人気店となりました。

現存する香川県最古のうどん屋

ヨコクラうどんは、幕末(江戸時代末期)に創業し、香川県で最古のうどん屋と言われています。

年数ははっきりとしていませんが、120年以上の歴史があることは確かです。

したがって、香川県内の他のうどん屋とは比べ物にならないほ超老舗店となります。

飲食スペースのみの建物の方は、明治初期からあり、歴史を感じさせます。

現在の店主は5代目。

以前は、基本的なメニューのみで、経営も良くなかったようですが、「炙りチーズカレー」や「冷やししっぽく」など珍しいメニューを開発・販売。

また、現代の集客ツールであるSNSを駆使して、他のうどん屋や香川県の人たちと交流することで、現在のような人気店となりました。

そのような姿勢が新聞に掲載されたこともあります。

歴史があるからと言って何も変えないような店ではなく、時代に合わせて柔軟にいろいろなものを取り入れて変化しているお店ですね。

PayPayを導入しているうどん屋は多いですが、d払いや楽天ペイなどのキャッシュレス決済にも対応しているのも利用者からすると嬉しいですね!

定休日・臨時休業情報はツイッターやインスタで発信

ヨコクラうどんの定休日は、第2・第4木曜日が基本ですが、不定期に休みになることもあります。

公式サイトはないので、休みのお知らせは

  • ツイッター
  • インスタグラム

などのSNS上で発信されます。

インスタグラムでは、1カ月ごとに休みの日が書かれた画像が投稿されます。
ツイッターでは、臨時休業のお知らせがツイートされます(歌付き)。

したがって、行く前にSNS(特にTwitter)をチェックすることをおすすめします。

ヨコクラうどんの公式Twitterアカウント

ヨコクラうどんの公式Instagramアカウント

Twitterのお知らせの1例(クリックタップ)

広瀬アリスや樋口日奈がロケで来店

ヨコクラうどんの店舗は、2019年1月4日にテレビ東京系列で放送されたドラマ「釣りバカ日誌」のロケ地となっています。

女優の広瀬アリスさんがうどん屋として働くドラマのシーンは、ヨコクラうどんで撮影されています。

2023年9月には、元乃木坂46の樋口日奈さんがヨコクラうどんを訪れています。

香川県高松市にあるヨコクラうどんまとめ

高松市にあるヨコクラうどんについて紹介しました。

幕末から続く歴史あるうどん屋で風情を味わってみてください。

香川県が舞台のうどん映画

プライムビデオで映画「UDON」が無料

おすすめポイント

うどんブームの火付け役となった映画

香川県内のうどん屋が多数登場

2024年時点でAmazonプライム会員なら無料で視聴可能(終了日未定)

るるぶ読み放題

高松空港行きの格安航空券検索はこちら

記述している内容は記事執筆時の情報を元にしています。できるだけ最新情報を掲載するようにしていますが、情報が間違っている場合はご指摘していただけるととありがたいです。

記事の共有・保存はこちら
  • URLをコピーしました!
目次