栗林公園で秋のライトアップ開催中(11/27まで)

打ち込みうどんの名店!大窪寺の目の前にあるうどん屋「八十八庵」のメニュー・場所【50食限定の栗ご飯提供中】

この記事では大窪寺の目の前にあるうどん屋「八十八庵やそばあん」について紹介します。

名物は「打ち込みうどん」。
野菜がたっぷり入った白味噌ベースの温かいうどんです。

四国八十八ヶ所の最後の場所にあることから、巡礼を終わらした人が最後に食べるうどんとしても有名です。

記事内では、八十八庵の

  • メニュー
  • 注文方法
  • アクセス・駐車場情報
  • お土産や通販

などについて紹介していきます。

11月は大窪寺の紅葉を見に行く人も多いと思うので、大窪寺を訪れる際にはぜひ行ってみてください。

基本情報はこちら

営業時間8:00~16:30
(ラストオーダーは16:00)
季節により営業時間が多少前後
※2022年11月の平日に行った時は15:30にラストオーダーでした。
定休日年中無休
(12月30日・12月31日のみ休み)
席数140席
住所〒769-2306
香川県さぬき市多和兼割93-1
電話番号0879-56-2160
駐車場あり(60台)
支払い方法現金、PayPay
公式サイトhttps://www.yasobaan.jp/

10月11日から始まった全国旅行支援。
楽天トラベルなら、アプリからの予約でポイントが5%還元されるなど、最大60%お得になります。

予約前にキャンペーンのエントリーを済ませておきましょう。

エントリーはこちら

  • ポイント還元を合わせて最大60%お得

目次

八十八庵のメニュー

はじめに八十八庵のメニューを紹介します。

八十八庵では、うどんだけでなく、そばも食べることができます。
他にも自家製こんにゃくや秋季限定の栗飯なども人気です。

打ち込みうどん・そばには「大」というものがなく、1人前、2人前となります。
それ以外のうどん・そばについては、プラス150円で大にサイズアップ可能です。

うどんメニュー

八十八庵のうどんメニューは、名物の打ち込みうどん以外にもざるうどんやきつねうどんなどの一般的なうどんもあります。

メニュー小(1玉)
打ち込みうどん900円
オリーブ牛肉入り打ち込みうどん1,300円
豚肉入りカレー打ち込みうどん1,000円
オリーブ牛肉入りカレー打ち込みうどん1,400円
かやくうどん420円
釜ぬきうどん420円
釜たまうどん470円
おろしうどん550円
ざるうどん600円
たらいうどん600円
しっぽくうどん600円
きつねうどん650円
団蔵うどん750円
なめこうどん750円

八十八庵のうどんは、香川県産の小麦粉「さぬきの夢」でできています。

香川県内のうどん屋ではオーストラリア産の小麦粉を使っているお店が多いのですが、八十八庵では他の小麦粉とブレンドすることなく100%使用。

水にもこだわっており、水道水ではなく、裏山の湧き水である霊水(金剛水)が使われています。

そうした香川県産の小麦粉と湧き水を使って、毎日朝6時からうどんが作られています。

店で出す野菜も香川県産にこだわっており、地産地消を実現しています。

冬の時期には猪肉入り打ち込みうどんも登場します。

そばメニュー

八十八庵はうどんがメインですが、3種類のみ蕎麦のメニューもあります。

メニュー小(1玉)
打ち込みそば1,020円
遠国そば850円
なめこそば900円

サイドメニュー

八十八庵では、自社製造のこんにゃくのさしみを食べる人が多いです。

店内でも食べれますし、お土産としても持ち帰ることができます。

また秋季限定にはなりますが、毎朝収穫した栗ともち米を一緒に炊く栗飯も人気です。

メニュー小(1玉)
おでん140円
めし180円
おむすび(2個)270円
冷奴270円
こんにゃくのさしみ320円
栗飯(パック)
秋季限定
530円
栗飯 持ち帰り1折
秋季限定
840円

おでんはレジ付近に置かれています。

横に置かれてあるお皿に割り箸を使って自分で好きなものを取ってください。
辛子味噌もすぐ近くに備えられているので、適量取りましょう。

すぐに現金払いでの会計となります。

ドリンクメニュー

ソフトドリンクはもちろん、アルコール類もあります。

メニュー小(1玉)
コーラ(ビン)200円
ハイシーオレンジ(ビン)200円
あまざけ(生姜入り)390円
あめゆ(生姜入り)390円
コーヒー400円
ノンアルコールビール
ドライゼロ(缶)
サントリーオールフリー(ビン)
400円
焼酎
(水割り・湯割り)
450円
酒(金陵)小:420円
大:800円
生ビール(中)
キリン
600円
びんビール(中)
アサヒ
キリン
600円

デザートメニュー

デザートとして、笹餅やソフトクリームもあります。

メニュー小(1玉)
笹餅(5個入)800円
ソフトクリーム
(バニラ・バニラ抹茶・ブルーベリー・バニラチョコ)
300円

八十八庵の注文方法

八十八庵の店舗の中は、うどん屋とお土産用のスペースに分かれています。

入口はお土産屋なので、道路側から入雨天した場合は左側(東側)に進んでください。

八十八庵はセルフサービスのお店ではないので、席に座って注文するだけです。

テーブル席

席は座敷席とテーブル席に分かれています。
テーブル席は机2つ分の20席だけで、ほとんどが座敷席になります。

座敷席は広いです。
座敷席の中でも、大通り側の席は椅子に座る形になります。

席に着くと、温かいお茶が入った小さいやかんが置かれます。

テーブルの上にメニューが置かれているので、それを元に注文してください。
注文後に麺を茹でるので、少し待ちます。

テーブルの上には香辛料として

  • 七味唐辛子
  • ゆず唐辛子(高知県産)
  • すだち七味(徳島県産)

があるので、好みに合わせて使ってください。

味にアクセントがつきます。

注文した商品が全て運ばれた後に伝票が置かれます。

食べ終わったら伝票を持ってレジへ。
現金またはPayPayで支払い可能です。

八十八庵の名物うどん・人気メニュー

八十八庵のうどんはどれも美味しいのですが、名物は「打ち込みうどん」と「団蔵うどん」の2つです。

また、秋の時期しか食べれない数量限定の栗飯も人気です。

打ち込みうどん

八十八庵の看板うどんは「打ち込みうどん」です。

八十八庵を訪れる人のほとんどは打ち込みうどんを注文しているぐらい人気のメニューとなっています。

打ち込みうどんは、白味噌ベースの出汁の具だくさんのうどんで、豚肉の他に

  • 大根
  • 里芋
  • ごぼう
  • にんじん
  • あげ
  • ねぎ

などの野菜がたっぷり。
根菜が多いのが特徴です。

具材も多いので、一人前でもお腹いっぱいになります。

山椒七味もかかっていますが、テーブルの上にある七味をかけることでかけることで、味がガラッと変わるのでお試しください。

打ち立てのうどんを茹でないまま鉄鍋で煮込み、食べごろの時に提供されます。

運ばれてきた直後、鍋はもちろん、うどんも熱々なのでやけどに気をつけて食べるようにしましょう。

うどんが入った鍋とは別に小さい器ももらえるので、適宜すくいながら食べます。

特に寒い日にはぴったり。
食べると体が温まります。

普通の打ち込みうどんには豚肉が入っていますが、香川県のブランド牛「オリーブ牛」の肉が入った打ち込みうどんや、カレー打ち込みうどんもあります。

野菜がたっぷり

打ち込みうどんとは、大窪寺がある地域の郷土料理。

打ち込みうどんがこの地域の郷土料理になったのは、「山の中」という立地が関係しています。

大窪寺は標高450mの場所にあり、冬の寒い日には雪が積もります。
そのため、平地から簡単に食材などを運び込むことができませんでした。

そのような土地柄のため、山の中で安定的に採れる肉や野菜を使っていました。

打ち込みうどんの味付けに味噌が使われているのも、長期間の保存が可能な調味料だからです。

香川県には味噌文化があり、お正月には白味噌ベースの餡餅入りの雑煮が有名です。

団蔵うどん

団蔵うどんは、細い麺が特徴の冷たいうどんです。

ざるうどんのような形で、つゆにつけて食べます。

食べていくにつれてつけだしの方が薄くなっていくので気をつけてください。
つけだしの追加は150円でできます。

団蔵うどんは、注文してから出来上がるまでに15分ほどかかります。

「団蔵うどん」という名前は聞き慣れないと思いますが、これは歌舞伎役者の8代目市川団蔵さんが四国八十八ヶ所を巡礼を終えた後、八十八庵を訪れて食べたうどんに感銘を受けたことに由来します。

彼は巡礼を終えた後、自宅のある東京へ戻る途中、香川県から大阪行きのフェリーで消息を絶っています(遺書のようなものが残されていたことから船から身投げしたとされている)。

歌舞伎役者として引退後、家族の反対もありながら夢だった「四国八十八ヶ所巡礼」を達成し、何を想ったのか誰も知る由はありません。

市川団蔵が亡くなられた後、八十八庵の方が故人を偲ぶ形で「団蔵うどん」と名付けられました。

栗飯(栗ご飯)

秋季限定の栗飯(栗ご飯)は人気。
毎年9月または10月から11月にかけて店で食べることができます。

※2021年は9月から、2022年は10月から販売開始しました。

八十八庵では、店の近くの山に収穫時期が違う3種類の栗の木を500本育てています。

栗は一気には収穫せずに、毎回必要な量を必要なだけを収穫。
収穫後すぐに選別機にかけ、小さすぎるものなどははじかれます。

さらに、手作業で傷んでいる栗や虫に食われているの栗を除外し、栗飯にふさわしい栗のみををもち米を一緒に炊いています。

栗飯は1日50食限定
人気メニューのため売り切れることが多いので、事前予約がおすすめです。

電話で予約することで取り置きしてもらえます。

八十八庵のアクセス

八十八庵はさぬき市の南側にあります。

市街地からはかなり離れており山の中。
徳島県との県境も近いです。

店の目の前には四国八十八ヶ所の第八十八番札所「大窪寺」があります。

大窪寺の第一駐車場を通り過ぎ、大窪寺の仁王門も通過し、そのまま東に進んでいけば右側にお店があります。

詳しい行き方については大窪寺の紅葉の記事の方にまとめているので参考にしてください。

八十八庵の場所

八十八庵の駐車場情報

八十八庵には店の東側に無料の駐車場があります。

駐車場に係員などはいませんが、ここは八十八庵を利用(食事や買い物)する人用専用の駐車場となっています。

駐車した後は、駐車整理券を1台につき1枚取り、食事やお土産の会計時に出してハンコをもらうようになっています。

駐車台数は60台です。

西側から
東側から

駐車場には西側からでも東側からでも入ることができます。

満車の時は、大窪寺の参拝客用の駐車場を利用しましょう。

八十八庵専用駐車場の場所

八十八庵のお土産

八十八庵のお土産は、同じ建物内にあるお土産屋スペースで購入することができます。

うどんの麺はもちろん、打ち込みうどんの味が自宅で簡単に再現できる「打ち込みうどんうどんだし」も人気。

打ち込みうどんセット(4人前)もあります。

八十八庵は、さぬき市に自社の工場(寒川工場)があり、お土産用のうどんやそば、こんにゃくを製造しています。

八十八庵の通販・お取り寄せ

八十八庵は公式のオンラインショップを運営しています。
ネットから簡単に注文できるので、訪れて気に入った人は注文してみてください。

公式 讃岐うどん「八十八庵」オンラインショップ

また、香川県さぬき市へのふるさと納税の返礼品として八十八庵のうどんを受け取ることができます。

さとふると楽天市場で取り扱っています。

リンク 【八十八庵】さぬきのお土産こだわり7種類セット

リンク さぬきうどん 10人前 食べ比べ 八十八庵 金川食料品

リンク さぬきうどん 23人前 食べ比べ 八十八庵 金川食料品

大窪寺の目の前にあるうどん屋「八十八庵」

八十八庵は、1959年創業の歴史あるお店です。

12月30日と12月31日は休業しますが、元旦から営業しています。

※雪がすごい日などは臨時休業する場合あります。

テレビでも取り上げられることもあり、芸能人が訪れた写真も店内に飾られています。

八十八庵で修行した人が出した店が大阪で人気にもなっています。

また、八十八庵の近くには綺麗な花が見れる「シャクナゲ園とあじさい園」も管理しています。

芸能人も多く訪れている

八十八庵は、ためしてガッテン、おはよう日本、昼どき日本列島などNHK番組で取り上げられています。

テレビ東京の「世界!ニッポン行きたい人応援団」では、ウルグアイ人のルシアナさんが八十八庵に来て、うどん作りを教わる回もありました。

芸能人も多数来店しており、訪れた際に撮影された写真が店内に飾られています。

中でも俳優の三浦友和さんはドラマ撮影中に何度も訪れて、八十八庵店主の井川さんと親交もあるようです。

2006年に放送された「ウォーカーズ」というお遍路ドラマの撮影で訪れた俳優や女優が多いです。

  • 浅野翔吾(香川県出身のプロ野球選手・巨人)
  • ベッキー(タレント)
  • 森本レオ(俳優)
  • 風吹ジュン(女優)
  • 三浦友和(俳優)
  • 前園真聖(元サッカー選手)
  • ハイキングウォーキング(お笑い芸人)
  • 鷲尾真知子(女優)
  • 原田芳雄(俳優)
  • JOY(モデル)

修行した人が大阪府で人気店に

大阪府にある「手打ちうどん 上を向いて」の店主は八十八庵で2年半修行した後に、独立して大阪府寝屋川市に店を出しています。

大阪府のうどんランキングで1位にもなるぐらい人気店です。

八十八庵と同じく讃岐の夢を使ったうどんを出しており、トッピングのかしわ天がおすすめです。

参考 手打ちうどん 上を向いて| 食べログ

裏山にあるシャクナゲ園とあじさい園も有名

八十八庵の裏にはシャクナゲ園とあじさい園があり、そちらも有名です。

創業業者が秋の紅葉だけでなく、他の季節でも景色を楽しんでほしいという想いから作った場所です。

シャクナゲは4月から5月(見頃は4月中旬から5月上旬)。
あじさいは6月から7月にかけて咲きます(見頃は6月中旬)。

大窪寺の目の前にあるうどん屋「八十八庵」まとめ

大窪寺の目の前にあるうどん屋「八十八庵」を紹介しました。

山の中にあるので行くのが少し大変ですが、うどんを食べるだけでなく、大窪寺で参拝や秋には紅葉を見ることができます。

「長い遍路の最後に美味しいものを食べてほしい」という想いがのったうどんをぜひ食べてみてください。

記事の共有・保存はこちら
  • URLをコピーしました!
目次