香川県の人気店「がもううどん」を徹底解説【行き方・メニュー】

がもううどん

がもううどんってうどん屋が有名だから行ってみたいなぁ。
どういう感じの店なんだろう?

この記事では、香川県でも人気のさぬきうどん店である「がもううどん」について紹介します。

田園風景に囲まれた場所で美味しいうどんを食べれるうどん屋の1つです。

記事内では次のことを解説していきます。

  • 待ち時間
  • 行き方
  • 注文の流れ
  • メニュー
  • お土産・通販

香川県に行った時に「がもううどん」を訪れる予定の人は参考にしてください。

目次

香川県のがもううどんの基本情報

がもううどんの入口

がもううどんは香川にあるさぬきうどん屋の中でも超人気店の1つです。

がもううどんは田んぼと住宅地の中にあります。

店の中にテーブルがあるものの、お客さんのほとんどは外に出て食べています。

これは店内が狭いのもありますが、次々とお客さんが来るため、外の方が落ち着いて食べることができるからです。

天気が良ければ、外で食べる方が気持ちいいのでおすすめです。

基本情報はこちら

営業時間8:30~14:00頃(平日)
8:30~13:00頃(土曜・祝日)
麺がなくなり次第営業終了
定休日月曜日、日曜日(不定期の臨時休業日あり)
席数8席(屋内)+屋外席
住所〒762-0023 香川県坂出市加茂町420-1
電話番号0877-48-0409
駐車場54台
支払い方法現金のみ

がもううどんのメニュー

がもううどんのメニューはとてもシンプル。

メニューとしてはうどんの玉数だけで、「ぶっかけうどん」や「ざるうどん」のようなメニューはありません。

うどんの玉数によって100円ずつ価格が違います。

玉数価格
小(1玉)180円
中(2玉)280円
大(3玉)380円

2022年5月17日に各サイズが30円値上がりしました。

また、毎年11月初旬から4月頃まではうどんだけでなく、そばも食べれます。
値段はうどんと全く一緒です。

そばはうどんの釜と同じ釜で茹でるため、そばアレルギーの人は気をつけてください。

香川県のがもううどんの待ち時間【連休は行列】

がもううどんの行列

がもううどんは、通常時はお昼時には混みますが、午前中であれば基本的にすぐに食べることができます。

ただし、ゴールデンウィークなどの大型連休には全国からお客さんが来るので朝かなり混み合います。

上の写真は2018年のゴールデンウィークの朝9時ごろの写真。

朝早く行ったのですが、すでに大行列ができていました。
このときは、45分ぐらいの待ち時間でした。

連休中に行く場合は、行列に並ぶことを覚悟してください。

時間によっては隣の建物が影になりますが、屋根はありません。
長時間並ぶのを想定すると、日焼け止め必須です。

平日でも、学生の春休みや夏休みの時期は混み合うことが多いです。

がもううどんでは、たとえ営業終了時間前でも、うどんの玉が切れ次第営業終了。

店の人がうどんが売り切れるのを判断した時は、最後尾あたりに「がもううどん店 本日終了致しました」という看板が置かれます。

この看板が置かれた後に並んでも、基本的に食べることができないので注意してください。

香川県のがもううどんの場所と行き方

がもううどんの駐車場

がもううどんは香川県の坂出市にあります。

店は幹線道路から奥に行ったところにあるので、場所を知らないと見つけられないような場所です。

観光客の人は、電車または車で行くことができます。

がもううどんの場所

電車で行き方

がもううどんに電車を使って行く場合は、JRの「鴨川駅」で降りるようにしましょう。

鴨川駅からがもううどんまでは約1kmしか離れていないので、15分ほど歩けば到着します。

JR鴨川駅は、東側が上り線(高松駅方面)。
西側(坂出駅方面)が下り線となっているので間違えないように。

香川県を走っている私鉄の「ことでん」の駅は離れているので、JRを使うようにしましょう。

車での行き方

がもううどんには車を使って行くのが一番便利です。
“店の前にある駐車場は広く、50台以上駐車することができます。

高速道路を利用する場合は府中湖スマートICが一番近いICになります。
各ICからの所要時間は以下の通りです

  • 府中湖スマートICから約5km
  • 高松檀紙から約9km
  • 坂出ICから約10km
  • 高松西ICから約10km

一番利便性が良いICは「府中湖スマートIC」ですが、ETCを搭載している車しか降りれないので注意してください。

また、高松西ICは「坂出JCT方面への入口」と「坂出JCT方面からの出口」のみしか無いので注意してください。

太い道から行こう

「この先大型車の通り抜けはできません」の標識

がもううどんに行く道はいくつかあるのですが、そのほとんどは車1台通れるぐらいの細い道になっています。

そうなると、対向車が来たときに、運転が苦手な人だとかなりきついでしょう。

がもううどんへの行き方

がもううどんに行くためには太い道から行くようにしましょう(上の画像の緑色の線)。

がもううどんへの狭い道

ただし、この道であっても駐車場に行くために、短い距離ですが、車1台分の広さの道を通る必要があります。

高松方面から向かう場合は、国道11号線にある加茂町の交差点から北側に入って直進しましょう。
(南側に曲がり、川沿いを走ると坂出の山下うどんに行きます。)

丸亀方面から向かう場合は、ファミリーマート 坂出加茂町店がある交差点を左折し、東に進みます。
少し走ると突き当りがあるので、右(南)に進みます。

北側から向かう場合は、500mほど走った後に左折します。
特に目印などがない上に、手前の建物のせいで店舗が見えないので、通り過ぎないように気をつけてください。

左折すれば、目の前に駐車場が見えます。
がもううどんへ続く道は車2台分の広さはないので、曲がる時に対向車が来ている時は少し待ちましょう。

「完売」の看板を持った警備に注意

がもううどんの警備員

僕がゴールデンウィークの午前8時ごろ、がもううどんに着いたのですが、駐車場に続く道の入口には「完売」と書かれた黄色の看板を持った警備員が立っていました。

でも実際には普通に営業しており、駐車場もたくさんの空きスペースがありました。

それがゴールデンウィークだったからか分かりませんが、僕以外の他のお客さんも「もう終わったの?」と戸惑っていました。

本当に完売の時も掲げるのでしょうが、午前中であれば売り切れることはほぼないです。

香川県のがもううどんの駐車場

がもううどんの駐車場は3カ所あります。

駐車場台数は、54台と多いですが、それでも連休時には満車になることもあります。

がもううどんの北側にある駐車場が1番大きいです。
敷地も広いので、駐車しやくなっています。

店のすぐ横にも駐車場があります。
店からは1番近いですが、ちょっと狭めです。

お土産販売所の東側にも駐車場があります。

小さいので数台しか駐車できませんが、満車の際は空いているか確認してみてください。

香川県のがもううどんでうどんを食べる流れ

がもううどんの2つのうどん

がもううどんはセルフのうどん屋です。

県外の人や、初めて行く人は少し戸惑うかもしれません。

がもううどんは少し変わった流れになっています。
簡単に説明すると以下のようになります。

STEP
うどんを注文する

STEP
トッピングをする

STEP
会計をする

STEP
出汁をかける

STEP
食べる

一般的なセルフうどん店では、トッピングをして、会計に進むところ、がもううどんでは会計が先なので注意してください。

それでは、写真付きで解説していきます。

うどんを注文する

がもううどんのメニュー

店舗に入ってすぐ左側で注文します。

注文方法は

  • うどんの玉数
  • 温かい麺か、冷たい麺か

の2つを伝えるだけです。

注文すると、うどんだけ入った器を渡されます。

トッピングをする

がもううどんの天ぷら

うどんを受け取ったら、トッピングコーナーで自分の食べたいものをうどんの上にのせます。

以下のものがトッピング可能です。

  • 天ぷら:120円
  • あげ:120円
  • コロッケ:120円
  • 生たまご:60円
  • 温泉たまご:120円

トッピングの中ではダントツで「あげ」が人気。

あげとは、きつねうどんの上にのっているものですね。
甘くて美味しいのでオススメです。

会計をする

トッピングをした後は、すぐ会計します。

目の前にいる店員が金額を言ってくれるので、現金で支払います。

常に混み合っているので、1万円札などは避けるようにしましょう。

出汁をかける

トッピングをのせた後、かけうどんを食べる人は、うどんの器にダシを入れます。
がもううどんには「冷たいダシ」と「熱いダシ」の2種類があります。

冷たいダシと、ぶっかけつゆは、天ぷらの奥側に置かれています。

冷たいダシはタンクに入っていて蛇口を回すことで、出汁がでます。

熱いダシの方は、鍋に入っているのでおたまを使って入れます。

熱いダシの近くにネギが置かれているので、必要な人はうどんの上にかけましょう。

ぶっかけうどんの出汁は店内のテーブルの上にもあります。
「こいくちだし」と書かれた容器です。

食べる

屋内の席

あとは、うどんを持って席に座りましょう。

屋内にも食べるところはありますが、テーブル2つ分しかありません。
また、注文口のすぐ近くなので、ちょっと騒がしいです。

おすすめは外。
店の出入口近くに椅子があるほか、駐車場の横には屋根付きの場所もあります。

ただし、七味や醤油、味の素などは店の中にしかないので、外に出る前にうどんに入れておきましょう。

食べ終わったら、食器を返却してください。
割り箸はゴミ箱に捨てて、器はシンクの中に置くだけでOKです。

香川県のがもううどんのお土産・通販・取り寄せについて

がもううどんのお土産ショップ

がもううどんでは、店舗の前やネットでも、うどんなどを購入することができます。

店の外でお土産を購入できる

がもううどんでは、店舗とは別の建物でお土産用のうどんを販売しています。

うどんは、常温保存OKなので、お土産にも最適。
他にも特製しょうゆなども売っています。

ぶっかけつゆ(1人前)50円
かけつゆ(1人前)70円
うどん単品(2人前)350円
特製しょうゆ(小/150ml)350円
特製しょうゆ(大/360ml)500円
鬼びっくり一味500円
ぶっかけうどんセット(6人前)1,200円
しょうゆうどんセット(6人前)1,200円
かけうどんセット(6人前)1,300円
まんでがんセット(18人前)
上記の3つのセットが1つになったもの
3,400円

このお土産の建物では、うどん関連の商品の他、香川県の塩江の牧場の牛乳を使ったアイスクリームも販売されています。

暑い夏にはうどんを食べ終わった後のデザートとしてよく売れるそうです。

アイスサンド216円
アイスモナカ248円
甘酒アイス260円
アイスクリーム290円
ソフトクリーム350円

通販・取り寄せはネットから可能

がもううどんのお取り寄せは大手のAmazonや楽天市場では取り扱っていません。

したがって、がもううどんのお取り寄せは公式ページからのみになります。

公式 がもううどんの通販・お取り寄せページ

香川県のがもううどんまとめ

香川県の人気さぬきうどん店「がもううどん」について解説しました。

外でのんびり美味しいうどんを食べる経験をできるところは多くありません。

香川ならではの食べ方で美味しいさぬきうどんを味わってみてください。

あわせて読みたい
坂出市にあるおすすめうどん店まとめ【はしごするなら朝が勝負】 坂出市で美味しいうどん店を知りたいなぁ。 この記事では、香川県坂出市にあるおすすめのさぬきうどん店を紹介します。 坂出市は、香川県の県庁所在地である高松市の隣...
あわせて読みたい
高松市にあるおすすめさぬきうどんランキング 高松で美味しいさぬきうどんが食べたいなぁ。どの店がいいかな? 高松市内だけでもたくさんのさぬきうどん店があります。 そこでこの記事では、数ある高松市にあるさぬ...

記述している内容は記事執筆時の情報を元にしています。できるだけ最新情報を掲載するようにしていますが、情報が間違っている場合はご指摘していただけるととありがたいです。

記事の共有・保存はこちら
  • URLをコピーしました!
目次