さぬき市のうどん そらいけを紹介【かけうどんは餅入り】

この記事では珍しいかけうどんを出す「うどんそらいけ」について紹介します。

また、「東の剛麺」と呼ばれるほど、麺が硬いうどんが特徴のお店です。

そらいけはセルフ店ではないので、席に座って注文するだけでOK。

そらいけは広くはなく、こじんまりしたうどん屋となっています。

施設情報
  • 営業時間:11:00〜14:00
  • 定休日:日曜日
  • 席数:18席
  • 住所:〒769-2401 香川県さぬき市津田町津田2161-2
  • 電話番号:0879-42-2766
  • 駐車場:あり
  • 公式サイト:なし
  • 支払い方法:現金

うどん そらいけのメニュー

そらいけのメニューは以下の通りです。

1番安いのが「すうどん」の220円。
1番高いのが「空池うどん」の770円となっています。

メニュー小(1玉)
すうどん210円
かけ290円
きつね340円
わかめ340円
月見340円
醤油360円
ざる360円
釜あげ360円
湯だめ360円
冷やし360円
ぶっかけ360円
温玉うどん
温玉ぶっかけ
440円
とり天うどん
とり天ぶっかけ
460円
肉うどん
肉ぶっかけ
460円
天ぷらうどん
天ぷらぶっかけ
620円
釜玉410円
カレー460円
肉盛カレー620円
空池770円
しっぽく冬季限定410円
味噌煮込み冬季限定460円

トッピングメニューは以下のとおりです。

生卵 100円
温玉110円
わかめ110円
アゲ160円
とり天330円
330円
エビ天430円

そらいけのサイドメニューは以下のとおりです。
うどんだけで足りない人は頼んでください。

おにぎり80円
おでん(1本)100円

水はありますが、コーラが180円で注文できます。

うどん そらいけのおすすめうどん

そらいけはセルフタイプではなく、フルサービスのうどん店なので、席に座って注文をするだけでOK。

ただし、おでんはセルフサービス。

水もテーブルの上にあるコップに自分でお水を注ぎます。

テーブルの上に天かすが入った容器があるので、自由にうどんにかけましょう。

かけうどん

そらいけのかけうどんは少し変わっています。

香川県でかけうどんを頼むと、普通は具材などは全くないかけ出汁に入ったうどんが提供されます。

しかし、そらいけのかけうどんはかけうどんの中に、餅やかまぼこが入っています。

他のうどん屋では、かけうどんを頼んで、そらいけのようなうどんが出てくることはまずありません。

ややこしいですが、そらいけで一般的なかけうどんを頼む場合は「かけうどん」ではなく「すうどん」を注文しましょう。

ネギは最初からトッピングされているので、ネギが嫌いな人は注文時に伝えておきましょう。

とり天ぶっかけうどん

個人的に好きなのが「とり天ぶっかけうどん」。

上記のかけうどんも美味しいのですが、そらいけの剛麺を味わうには冷たいうどんが1番。
特に夏はさっぱりいただけます。

そらいけのとり天ぶっかけは、普通のぶっかけうどんの上に

  • とり天2つ
  • ナスビの天ぷらが1つ

がのっています。

そらいけのとり天は、下味がついているので(たぶん塩麹)、他の店のとり天とは少し違った味わいがあります。

好みが分かれそうですが、僕は好きです。

外の衣はサクサク、中のトリ天はやわらかく仕上がっています。

そらいけでは、天ぷらのメニューは揚げたてが提供されるから、熱々の天ぷらを食べることができるよ!

うどん そらいけのアクセス情報と駐車場

そらいけはさぬき市大川の幹線道路から入った山道(県道132号線)の中にあります。

坂道の途中にあり、周りには何もありません。

そらいけの場所

車やバイクでのアクセスがおすすめ

そらいけは電車の駅からはかなり離れているので、車やバイクを使ったアクセスが1番いいです。

県道10号線を走り、近くなったら南に曲がりましょう。

駐車場情報

駐車場は店の横に3台分停めれます。

満車の場合は、近くの道路の脇に止めるしかありません。

うどん そらいけまとめ

さぬき市大川にあるうどん屋「そらいけ」を紹介しました。

他のうどん屋とは違ったかけうどんを食べることができるお店です。
また、「東の剛麺」と呼ばれる硬めのうどんも美味しく食べることができます。

さぬき市に行った際にぜひ立ち寄ってみてください。

関連記事