【2021年版】香川県のおすすめ紅葉スポットまとめ

香川県内で紅葉を綺麗に見れる場所はどこで、いつ頃見れるんだろう?

ライトアップされてる場所とかあるのかな?

そのような人向けに、香川県内の人気紅葉スポットをまとめました。

記事を読めば、綺麗な紅葉を見れる場所や見頃がわかります。
ライトアップされる紅葉スポットも紹介しますよ。

シーズンが来たら、この記事を参考に紅葉を楽しんでください。

紅葉が始まり次第、現地に出向き、情報を追記します。

この記事は、香川県生まれで、現在も香川県に住んでいる著者が書いています。

香川県のおすすめ紅葉スポット

香川県内にはいが、くつかの紅葉スポットがありますこの記事で紹介するおすすめ紅葉スポットは以下の6カ所です。

  1. 栗林公園の紅葉(高松市)
  2. 塩江温泉郷の紅葉(高松市)
  3. 大窪寺の紅葉(さぬき市)
  4. 金刀比羅宮の紅葉(琴平町)
  5. 柏原渓谷の紅葉(綾川町)
  6. 寒霞渓の紅葉(小豆島)

栗林公園の紅葉(高松市)

香川県で1番人気の紅葉スポットが「栗林公園」です。

栗林公園自体が日本に36カ所しかない国の特別名勝に指定されている綺麗な庭園です。

特別名勝とは、芸術性、鑑賞する価値が特に高い場所だと国が認めているもの。

高松市の中心地にあり、車でも行きやすいですし、近くに電車の駅もあるのでアクセスしやすいです。

ただし、栗林公園は敷地内に入るためには入園料を払う必要があります。
入園料は以下のとおりです。

区分大人こども(中学生以下)
一般410円170円
団体(20人以上)330円140円

この他に11枚つづりの回数券が4,100円。
年間パスポートが1人用2,610円、3人用が5,230円であります。

塩江温泉郷の紅葉(高松市)

塩江温泉郷は、高松市の南側にある紅葉スポットです。

高松空港と徳島県の県境の真ん中あたりに位置しています。

塩江町の4大まつりの1つとして、毎年11月上旬の土曜日・日曜日には紅葉まつりが開催されます。

2020年の11月に開催予定だった紅葉まつりは新型コロナウイルス感染症予防のため中止されました。2021年の日程はまだ発表されていません。

大窪寺の紅葉(さぬき市)

四国八十八ヶ所の最終目的地である第八十八番札所「大窪寺」。

さぬき市の南側にあり、上記で紹介した塩江温泉郷から東に16kmほど離れた場所にあります。

山の頂上付近にあるため、行くまでに時間がかかりますが、時間をかけてでも行く価値はあります。

金刀比羅宮の紅葉(琴平町)

こんぴらさんの愛称で呼ばれている「金刀比羅宮」の紅葉。

785段ある階段を登れば綺麗な紅葉を見ることができます。

毎年11月頃に、金刀比羅宮紅葉祭というイベントもあります。

柏原渓谷の紅葉(綾川町)

綾川町にある柏原渓谷も人気の紅葉スポットの1つです。

渓谷なので、紅葉と川を一緒に見ることができます。

寒霞渓の紅葉(小豆島)

小豆島で1番人気の紅葉スポットである寒霞渓の紅葉。

ロープウェイに乗りながら、眼下に紅葉を眺めることができます。

ロープウェイの料金は以下のとおりです。

区分大人こども(小学生以下)
片道1,050円530円
往復1,890円950円

詳しくは公式サイトを確認してください。

香川県での紅葉の見頃時期

香川県の紅葉の見頃は場所によって多少違いますが、ほとんどの場所では例年11月中旬頃に見頃を迎えます

早い場所だと10月下旬、遅い場所だと12月上旬まで紅葉が見れます。

標高が高い場所は、平地より気温が低くなるため、平地より2週間ほど早く紅葉が始まります。

そのため、例年だと大窪寺などの山の山頂にあるような場所だと、10月下旬頃から葉が色づき始めめますね。

紅葉が終わりに近づくにつれて、落ち葉も増えていきます。

そのため、見頃もいいですが、紅葉終わり頃に行くと、紅葉のじゅうたんを楽しむことができます。

香川県でライトアップされている紅葉スポット

香川県内でライトアップされている紅葉スポットは「栗林公園」のみです。

栗林公園は、月によって入園できる時間が違うので気をつけてください。

  • 10月:6:00〜17:30
  • 11月:6:30〜17:00
  • 12月:7:00〜17:00

香川県の紅葉スポットまとめ

香川県内の紅葉スポット・紅葉の見頃を紹介しました。

ぜひ記事を参考にして紅葉を楽しんでみてください。

関連記事